1.柔軟な会計ソフト導入
当事務所は貴社のご要望に合わせた会計ソフトの導入をご支援いたします。
会計ソフトは初期段階での取引先の登録や、仕訳の登録とても使い易くなります。

  貴社の取引を見せて頂き、金額を入れるだけで仕訳が終わる・ 簿記の知識がなくても入力できるようになることを目指しサポートさせて頂きます。
弥生製品は定価の7割でご提供出来ます。
2.ご訪問重視
当事務所は、出来るだけ毎月企業様にお伺いし、会社の経理内容をチェックし、タイムリーな月次決算書をご提供します。
    但し、小規模経営で、毎月の動きの変化が少ない企業様には、3ヶ月に一度のご訪問で、 顧問料を安くするご提案もさせて頂いております。

打ち手を早くするためにも、タイムリーな月次決算書は大切です。
売上を**万円上げるためにいくら資金が必要かお分かりですか?
小さなお店でも部門管理すれば、色んなものが見えてきます。
財務の精度を上げる事で改善点が見えてきます。


3.業績改善検討・利益計画策定
四半期ごとに業績改善検討を行い、決算3ヶ月前から決算対策を致します。
また利益計画策定は、先の見えない厳しい経営環境を勝ち抜くために、企業運営の指標として大変重要です。
     会社が存続していくためにいくら利益が必要なのか?
そのためには何をどうやるのかを決め、資金繰りは間に合うのか等、先をみて行動を起こす必要があります。

当事務所は中小企業同業他社の平均業績をご提供できるので、堅実な計画を立てることが出来、銀行融資の有利な資料となります。
事業計画なんてどうせ違ってくる。作るだけ時間の無駄とは思っていませんか?
問題は予測がはずれることではなく、はずれた理由がわからないことです。
予測と実際の差の原因を知ることが経営分析の大きな一歩です。
四半期ごとに業績検討し、計画との差を分析し、先の見える経営をしましょう